特製品鉄道模型入荷しました。

特製完成品鉄道模型が入荷しました。

今回ご紹介するのは、もっとも名鉄電車らしくない名鉄電車3880系です。

名鉄3880系は1970年代混雑が激しくなっていた名鉄本線、犬山線のラッシュ用に1975年より東急電鉄より購入した車両です。

当時の名鉄では上層部の判断もあり、新製車両や従来車両もほとんどがラッシュ時には不向きであるクロスシート車が占めていました、1970年代にはオイルショックの影響や、郊外の宅地化に伴い、ラッシュは激化の一途をたどり、積み残しや遅延が多発する事態となっていました。

そんな折、東急電鉄では新型車両の置き換えにより3700系が廃車、譲渡先を募集していました。

そこで車体の寸法、線路幅、制御方式が比較的、名鉄のAL車に近いこの車両購入することになりました。

購入後は名鉄式ATSの装備、塗装の変更など最低限の加工を施し、早速犬山線や本線の最混雑時間帯に導入しました、流石、首都圏でラッシュに使用されていたこの車両は、遺憾なく性能を発揮しました。

しかし、名鉄AL車との相違点、弱め界磁が付いていない、電気系統の向きが逆である、加速重視で最高速度が遅いなど弱点も多く、6000系や6500系の増備が進むにしたがい、1981年より廃車が始まり1983年には全て引退しました。

模型は谷川製キットをあとりえピクタにて追加加工、組立、塗装を行いました、あとりえぴくた様やこのブログを書いている私も長年鉄道模型に親しんでいますが、この形式の完成品はほとんど見た事が無いレアな商品となります。キット自体の生産数も少ないようで、今回限りの生産となる事が濃厚となる商品ですので、是非この機会にお買い求め下さいませ。

名鉄3880系3885F晩年仕様3両セット

名鉄3880系3881F晩年仕様3両セット

各330,000円(税別)356,400円(税込み)

いずれも1台限りとなります、売り切れの際はご容赦ください。

特製完成品の通信販売はできません、店頭にて販売となります。

 

次回はクリーム色時代の名鉄5509Fを予定しています。乞うご期待