鉄道模型特製品キット入荷しました。

あとりえピクタ様と谷川製作所様のコラボにより、当店限定鉄道模型キットが入荷しました。

商品は名鉄3600系高運転台、更新後を再現するキットで実車における”3603F以外”の編成を再現するキットとなります。

古くからの名鉄電車ファン、鉄道模型ファンの方にとっては谷川の名鉄3600系といえば3603Fだという認識もおありかと思います、今回あとりえピクタ様主導により本来多数派を〆るその他の編成を是非模型化したいというコンセプトで商品化しました。

名鉄3600系とは

1940年に飯田線(当時は私鉄)に乗り入れ、名古屋~飯田へ直通する急行列車用として製造されました。

しかし太平洋戦争の激化、飯田線の国有化などもありこの直通計画も中止となってしまいました。

その後戦後には当時電圧が異なった岐阜~金山橋間、金山橋~豊橋間を直通できるよう、複電圧化が施され直通列車として活躍、本線全線の1500v化が実施された後には当時まだ多く存在した600v支線区への直通列車用として、運用されました、その後1960年代には支線区の廃止、昇圧に伴い、複電圧機構は撤去、その後は台車の振替や塗装の変更、更新工事など他のAL車と同様の運命をたどり、1983年の3603Fを皮切りに6500系に置き換えられ順次引退、1987年には全車が引退しました、一部車体が愛知こどもの国に保存(現存しません)されたほかは解体されました。

今回キット化された編成は戸袋窓がHゴム化、高運転台となった晩年の姿を再現しており、上記のように3603F以外の編成がプロトタイプとなります。

*3601FのMc車の側窓はアルミサッシ化されていたため工夫が必要となります。(別途部品発売予定)

キットは真鍮プレス、折り曲げ済みの車体を中心に手すり、屋根上機器、床下機器をセットした内容です。

台車、センターピン、MPギア関係、モーター、パンタグラフは別売となります。

当店販売価格は32,000円(税別)34,560円税込みとなります。

この3600系、キットだけではありません、あとりえピクタ様組立による、特製完成品も発売を予定しておりますので、完成品ご希望の方は今しばらくお待ち下さい。