TOMIX名鉄7000系パノラマカー入荷しました。

鉄道模型パノラマカー各種入荷、発売中!!

名鉄7000系パノラマカーは1961年に登場させた展望電車で当時としては圧倒的な高性能電車でした、
特筆すべき先ず一つはその車体形状で運転席を2階に上げ全面を展望席とし旅客に開放したことで、これは日本初の快挙でした。
二つめは、先代の5500系に続き、冷房を全車両に取付、固定窓としたことです。

さらにこのような特別な車両を”特別な料金不用”にてサービスしたことが最大の特徴で、当時展望席といえば、超高額な料金を徴収する国鉄の1等展望車(ただし最後尾)くらいなもので、今でこそ当たり前の冷房も近鉄の名阪特急や国鉄特急にしかないもので、普通乗車券や定期券だけで乗れる電車としては時代を超越した車両でした。

名鉄では乗客より大好評をもって迎えられたこの特別な電車を、
”普通の電車”として1975年まで大量に増備を続け、仲間である7100,7300,7500,7700系も含めると100両以上が製造され、本線系の特急はもとより、支線特急や急行、普通列車にと広範囲に活躍しました。

1983年より特急仕様の「白帯車」への改造や重整備が行われ名鉄の主力車両として活躍を続けたパノラマカーですが、1984年のパノラマDX、1988年のパノラマスーパーの登場、などにより、老朽編成、長編製の中間車から廃車が始まり1999年1600系の登場により7000系パノラマカーは特急運用を失いました。

その後も急行、普通列車として活躍を続けましたが、2005年には各駅のプラットホーム嵩上げが始まり対応できない7500系が先ず引退、その後名鉄のダイヤ施策の変更や新型車両の増備にあわせ徐々に運用を失い2008年9月には”P6″と呼ばれた6両固定編成が、その後イベントに活躍した4両編成も2009年8月には引退、支線用に残された7100,7700系も6000系などに順次置き換えられ2010年3月には名鉄線から7000系は消滅しました。

ご紹介させていただく製品はTOMIX製名鉄7000系パノラマカーです。
プロトタイプは晩年まで活躍した7000系2次車で分散クーラーが特徴で4両基本、2両増結、4両(白帯車)となっており、4両基本セットは電連なしブック型方向版装備車、白帯車セットは電連つき電動式方向版装備車としっかり作り分けられています。
実物は引退してしまいましたが、その姿が今Nゲージで蘇ります。
名鉄7000系パノラマカー(2次車)白帯車セット  
当店特価13,440円(税別)
14,515円(税込)
名鉄7000系パノラマカー(2次車)基本セット  
当店特価12,800円(税別)
13,824円(税込)
名鉄7000系パノラマカー(2次車)増結セット
当店特価4,160円(税別)
4,492円(税込)