Ave Maria! ~シューベルト~

P1_G2452350W

 

 

 

 

 

 

2009年10月21日発売

平原綾香/Ave Maria! ~シューベルト~

MUCD-5161
Dreamusic
標準価格  1,050 円

平原綾香ですがクラシックのカバーで人気を博していますが、歌唱法の基本はJAZZと思います。特にスキャットをうまく活用しています。

今作も有名なクラシックの曲ですが、ゴスペル風にアレンジされたナンバーになっています。コーラス部分は多重録音されていますが今までの平原の楽曲の中では一番彼女の「声」が前に出ています。2分23秒と短い楽曲ですが彼女の魅力がふんだんに入ったナンバーと言えるでしょう。

POLA B.A ザ クリーム CMソング
tr.1 『Ave Maria! ~シューベルト~』
作曲:フランツ・シューベルト 作詞:平原綾香 編曲:eji

tr2. 『AVE MARIA ~カッチーニ~』 another mix
作曲:ジュリオ・カッチーニ 作詞:平原綾香 編曲:坂本昌之

tr.3 『Ave Maria! ~シューベルト~』(inst.)
tr.4 『AVE MARIA ~カッチーニ~』 another mix(inst.)

20周年!「人間椅子」のニューアルバム!

TKCA-73486-150


 

 

 

 

  

2009年11月04日発売
人間椅子/未来浪漫派

TKCA-73486/¥3000

日本のハードロックシーンに多大な影響を与えた「人間椅子」のニューアルバムが、2009年11月4日に発売されます。

今年は20周年ということで(正確には22年?)1月には2枚組BEST「 人間椅子傑作選」TKCA-73403 ¥ 3,900 (税込)も発売されいます。

今作は2年ぶりのニューアルバム(前作は「真夏の夜の夢」)になります。

“ロマン主義の復権と未来への意思表示”をテーマに作られた作品です。ファンにとってはへヴィでデューティな世界観を期待して問題ないと思います。

名曲「陰獣「」「品川心中」等の音世界が蘇れるのではないでしょうか?

01. 太陽の没落
02. 輝ける意志
03. 浪漫派宣言
04. 至福のロックンロール
05. 愛の法則
06. 赤と黒
07. 冥土喫茶
08. 塔の中の男
09. 月下に捧ぐ舞踏曲
10. ヤマさん
11.秋の夜長のミステリー
12.ばっちりいきたい子守唄
13.深淵

圧巻!髭(HIGE)のLIVE・DVD!

P1_G7113709W

 

 

 

 

 

 

髭(HiGE)
『HiGE LIVE in Tokyo Coast 2009 (初回限定ボーナス映像入り/CDつき)』 2009.09.02

VIZL-347
¥4,800(税込) / ¥4,571(税抜)

髭(HiGE)
『HiGE LIVE in Tokyo Coast 2009 (通常盤)』 2009.09.02
VIBL-475
¥4,200(税込) / ¥4,000(税抜)

このバンドの音量は半端ではありません。まさしく「爆音」です。

しかもハイテンションでは済まないくらいの演奏です。須藤のボーカルのレベルは後半になればなるほど上がる一方です。攻撃的で破壊的!これぞ!ROCK!!!!!!!

このLIVE・DVDはその会場の雰囲気をそのまま伝えています。また選曲もインディーズ時代から最新のものまでのBESTな選曲です。

一度観て下さい。きっと彼らの虜になると思います!!!!!!

斉藤 祐樹  (Guitar&Piano)
須藤 寿  (Vocal&Guitar)
宮川 トモユキ (Bass)
川崎”フィリポ”裕利  (Drums&Percussion)
佐藤”コテイスイ”康一 (Percussion&Drums)

[初回生産分限定 3大特典!]
★ライブCDつき  ~ベスト選曲による髭(HiGE)初のライブCDつき!
★フォトブック封入 ~ライブ写真満載の24Pオールカラー・ブックレット!
★ボーナス映像収録 ~オフステージの模様を中心に構成した特典映像!

★髭ファン、必携!お楽しみ5大ツボ・ポイント!
*初回限定CDにはライブ人気曲・代表曲が軒なみラインナップ!
*初回盤DVD特典映像では大阪&東京公演の舞台裏をドキュメント!
*インディーズ時代の衝撃曲「下衆爆弾」がCD、DVDともに初めてメジャー盤に収録化!
*DVDのメニュー画面には前作「D.V.D.H.i.G.E.」にひきつづき、
“メニュー画面音楽界の巨匠”宮っTeaによる録り下ろし音源を使用!
*初回限定CD+DVDはCDライブラリーにもすっきり収まる2枚組CDケースを採用!
(通常盤DVDはDVDライブラリーにすっきり収まるアマレイケースを採用。)

THE HIATUS 新作を緊急リリース!

5月27日に発売された1stアルバム「Trash We’d Love」(FLCF-4281)で多くの音楽ファンに衝撃を与えた「the HIATUS」。11月はストレイテナーとのLIVEが、また12/29、30にはFM802 STILL20 ROCK FESTIVAL『RADIO CRAZY』出演決定している彼らのニューシングルが発売決定です。

FM802 STILL20 ROCK FESTIVAL『RADIO CRAZY』

2009年12月29日(火)・30(水)@インテックス大阪
OPEN 11:00 / START 12:00
1日券 ¥7,800(オールスタンディング / 税込み)
2日券 ¥14,500(オールスタンディング / 税込み)
Vo. 細美武士 Gt. masasucks Ba. ウエノコウジ Dr. 柏倉隆史 Key. 堀江博久

1曲目はドラマティックなオルタナ・ロック!また単独LIVEでも披露されたあの実験的な曲も2曲収録。ファンなら期待せざるをえません!

Insomnia
the HIATUS

1.Insomnia
2.Curse of mine
3.Antibiotic

FLCF-4309
4988018319054

¥1260

the pillowsのニューアルバム

AVCD-23938

 

 

 

 

 

the pillows/OOPARTS

AVCD-23938/B(初回生産限定盤)
エイベックス・トラックス
標準価格  3,300 円

AVCD-23939(通常盤)
標準価格  3,000 円
2009年10月14日発売

今年はキングからとエイベックスからの2枚のベスト盤を発売。またそれに合わせて全国で対バンツアーを実施、日本武道館では、9月16日にthe pillows 20th Anniversary LATE BLOOMER SERIES 06 “LOSTMAN GO TOBUDOKAN” も行いました。

今作はその20周年を記念とした「オリジナルアルバム」になります。オリジナルとしては2008年06月25日に発売された「PIED PIPER」以来です。タイトルは「OOPARTS」。「Out Of Place Artifacts(時代錯誤の遺物)の略。」やや自虐的と思われるようなタイトルですが、内容は昔からのファンを裏切らないpillowsサウンドではないでしょうか?

全10曲全て佳曲ですが、おすすめの曲は、シングルカットされた「雨上がりに見た幻」と2曲目の「YOUR ORDER」です。この2曲に20年間の彼らの思いがよく綴られています。

「YOUR ORDER」

~好きな音を鳴らして音楽と呼べば良い~
~嫌いなモノを嫌って嫌われてしまえば良い 好きな道を歩いて人生と呼べば良い~
~嗜好は自由で深く ルールは無い 常識は疑うべきだ そうだろ?~

「雨上がりに見た幻」

~足跡の無い道を選んでずいぶん歩いたな
荒野の果て 何処かにきっと
足跡残ってる
それだけがそれだけが
生きた証
それだけがそれだけが
僕らの誇り~

個人的には6曲目「Beyond the moon」にも興味を持ちました。片思いの曲ですが、山中らしい詩の世界を作り出しています。

~叶わぬ夢を見て少しずつ
欠けて無くなりそう
届かぬ恋をしてこのまま
闇に吸い込まれそう~

、、ちょっと物足りないのは全10曲で37分59秒。もう2~3曲欲しかったところでしょうか?ただこれからツアーが始まります。ここで新曲が加われば良しとしましょう!

「2009.11.27~2010.02.21 – the pillows OOPARTS TOUR 」
all tickets ¥4,200 (tax in)

ひとりでも、みんなでも、だれにでもできるWiiのマリオ

mario

 

 

 

 

 

(TVゲームこぼれ話)

今回紹介するソフトは、「ニュー・スーパーマリオブラザースWii」です。

遂に、遂に出ました!「ニュー・スーパーマリオブラザース」シリーズの最新作が!!しかも今回は4人同時プレイが出来てしまいます!詳しくはゲーム紹介をご覧下さいませ~。

さらわれたピーチを助けるため、草原や海、氷や砂の世界をマリオと仲間達が大冒険。十字ボタンと①②2つのボタンの操作で、行く手をはばむ仕掛け満載のコースにチャレンジします。ひとりでじっくりプレイすることはもちろん、最大4人でわいわい冒険できるようになりました。

◆圧倒的ボリュームのステージ!
完全新作のコースが80以上!地面が回転、砂漠が噴出、ツララが落下・・・・・・迫力ある新しいコースを冒険します。

◆マリオの新しいパワーアップ
キノコやフラワーなどで様々な姿に変わることができるマリオ。本作では「プロペラマリオ」「アイスマリオ」「ペンギンマリオ」など新しいパワーアップが追加されました。

○プロペラマリオ・・・Wiiリモコンを振って、空高く飛び上がります。
○アイスマリオ・・・アイスボールで敵を凍らせます。凍った敵は持ち上げて投げることも。
○ペンギンマリオ・・・水中や氷の上を自由に動いたり、腹すべりで進むことができます。

◆たくさんの仕掛け、キャラクター
初登場の敵や仕掛けが出てきます。Wiiリモコンを傾けてリフトを操作したり、ヨッシーが冒険をお手伝い。おなじみのクッパの手下たちも登場します。

◆ひとりで、みんなで
ひとりで冒険する楽しさはそのままに、最大4人で協力しながら同じコースを一緒に冒険できるようになりました。マルチプレイ用の対戦モードも収録し、楽しみ方が広がります。

今回私、この「ニュー・スーパーマリオブラザースWii」を体験する機会がありましたのでワクワクしながらプレイさせて頂きました^^。操作は本当にシンプルで、Wiiリモコンの十字ボタンと①②2つのボタンで進んだり、はねたり・・・。
お馴染み「クリボー」も早速登場してくれたので、なんだか懐かしい気分にw
しかし!
なんと言っても新鮮だったのが4人プレイ!!この体験会も4人プレイでしたので実際体験する事が出来ました^^

見知らぬ方達と未知の4人プレイにドキドキしてたんですが、一言で言うと本当によく出来ていました。プロペラマリオのキノコを取ったプレイヤーを持ち上げると一緒に空高くブーンと飛べますし、もちろんちょっと邪魔したりなんかもw。

実際、一人おじさまが先に突っ走りすぎて付いていけずに脱落していくプレイヤーも(私もその中の一人)

10分程度の体験会だったんですが、新旧のシステムが上手く組み合わさっていて懐かしいけれども新しい!といった印象を受けました。

どうでしょう!昔ながらのシステムはそのままに、追加要素がたっぷりの「ニュー・スーパーマリオブラザースWii」年末の目玉商品です!!

お子さんからご年配の方まで、時にじっくり、時にわいわいプレイしながら、年末を楽しんで下さいませ^^

2009年12月03日発売予定

「ニンジャガイデン」シリーズ最新作が遂に登場!!

 

ninjya

 

 

 

 

 

 

(TVゲームこぼれ話)

「ニンジャガイデン Σ2」がPS3でいよいよ発売となりました!

前作からおよそ2年の月日を経て、超弩級にパワーアップして帰ってきた今作。いったい何がどうパワーアップしたのか、まずはゲーム紹介をご覧下さい。

「ニンジャガイデン」シリーズとは、スーパーニンジャ「リュウ・ハヤブサ」となり、数々の戦いに挑むアクションゲームです。ハイレスポンス・ハイスピードで流れるように展開するアクションの爽快感。対戦格闘のように攻撃と防御を意識させるバトル。さらにそれらをハイエンドのグラフィックで美しく描きます。いずれを取っても、一級品の完成度を誇るアクションゲームとして、北米・欧州のゲームサイトでも高く評価されています。

◆プレイアブルキャラクター

本作に登場する4人のキャラクター。それぞれの視点でオリジナルのストーリーが進んでいきます。

リュウ・ハヤブサ・・・忍者衆・隼一門の若き忍者

あやね・・・リュウに助力する若きくの一

紅葉・・・くの一にして、唯一の『龍の巫女』

レイチェル・・・凄まじい戦闘力を持った”魔神ハンター”

◆更なる高みへ・・・、進化したバトル

各キャラクターの個性的な武器や忍法で、近距離、遠距離問わず爽快感溢れるバトルが実現!新たな武器を手に超忍の技は、更なる高みへと進化する。

◆オンライン協力プレイ

シリーズ初!本格オンラインモードをシリーズ初搭載。「瀕死救護」「合体究極忍法」などを盛り込み、緊張感溢れる「協力プレイ」が楽しめる!いかがでしょう?この爽快な忍者アクションに心惹かれませんでしょうか?!

・・・爽快かどうかなんて文字だけではわからない?
・・・そもそも前作をやっていないからよくわからない?

その通りでございます・・・。ですが!当店ではこの「ニンジャガイデン Σ2」を実際にプレイできるようゲームフロアにて試遊機を用意させて頂きました!是非、目で、耳で、肌で体感して下さい!

お客様がプレイされているのを横目で見た事がありますが、・・・仕事中でもやりたくなるほど、動きや映像が綺麗です。ちなみに、この「ニンジャガイデン Σ2」の前作である「ニンジャガイデン Σ」は現在Best版になって発売されていますので、前作からやらないと気が済まない!というお客様にも非常に取っつきやすくなっております。遊台を遊びに来られるだけでもいいので是非是非お店に足を運んで下さい!
「ニンジャガイデン Σ2」は当店音楽館4階ゲームフロアにて絶賛発売中!

帰ってくる昭和のヒーロー達

日本における2大特撮ヒーローと言えば、興味が無い方でも「ウルトラマン」と「仮面ライダー」の名前が挙がるのではないでしょうか。1966年に「ウルトラマン」が、1971年に「仮面ライダー」が放送開始以来、今なお新作が作り続けられる日本がほこる偉大なヒーロー達です。2006年に「ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟」が劇場公開されると、お子様はメビウスの活躍に、お父さんはマンやセブンの雄姿に感涙し大ヒットとなりました。「大決戦!超ウルトラ8兄弟」を経て、再びこの冬「大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説」が公開されますが、その「ウルトラ」劇場シリースを抜く大ヒットとなった「仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー」が2009年1月21日にいよいよDVD/Blu-rayで発売です。TVシリーズでも過去のライダー達との共闘が描かれましたが、今回は1号からWまでの全主役級ライダーが総登場。ライダーマンも4号と認めて貰っています。さすがに人数が多すぎて活躍の場が少ないライダーも居るのですが、ポーズを決めるその雄姿には、幼かった頃の憧れや興奮が甦り正に感動の嵐!お子様よりも、30代以上の大人の方にこそ見て頂きたい作品になっています。残念なのは変身前の総登場が無かった事ですが、いつか!いつの日か必ず!と信じて待っていますよ東映さん!!

ジューダス・プリーストのライヴ・レポート

日時:2009/10/14(水)
場所:神戸国際会館こくさいホール

JUADSimages

 

 

 

 

 

1980年、時代はPUNK~NEW WAVEの英国で産み落とされたヘヴィ・メタルの逸品、ジューダス・プリーストの「ブリティッシュ・スティール」。彼らの中で最もシンプルかつストレートな作品で、長いギター・ソロは排除され、ソリッドなリフを前面に押し出した攻撃的サウンドが強力な名作だ。今回のツアーは、その「ブリティッシュ・スティール」完全再現を謳った昔からのファンには涙モンの公演なのです!

会場の神戸国際会館、初めて行ったんですが、高級感溢れる綺麗な会場にまずビックリ、ここでヘヴィ・メタル?暴れたら逮捕されそうな・・・まっ、ええか。ブラック・サバス「WAR PIGS」が流れ(そう言えば昨年の大阪2DAYSもこの曲だった)客電が消えると、彼らの出身地であり鉄鋼の都市バーミンガムをイメージしたステージ幕に、緑のレーザーで、鉄を打つ職人(モグラたたきにも見えなくは無い)が左右に映し出され、会場は一気にヒート・アップ!そして幕が開くと同時に「ブリティッシュ・スティール」が始まった!バックドロップとバスドラの表面には「ブリティッシュ・スティール」のジャケット!カッコ良すぎるやん!

1曲目はもちろん「””RAPID” ” FIRE」!続いてライヴ定番でもある「Metal Gods」へ。ロブ・ハルフォード「BREAKING THE WHATS?」オーディエンス「LAW!」の掛け合いが楽しいこれまたド定番「Breaking The Law」と、当然オリジナルUK盤の曲順どおりに進行!(US盤は曲順が違います、念のため)その後も続々繰り出される、名曲たちに酔いしれましたが、圧巻はアルバムを締めくくる「STEELER」、これでもか!というほどリフ、リフ、そしてリフの波状攻撃をひたすら浴びせられ、改めてこのアルバムの魅力を感じました。正に「英国の鋼鉄」!

さて、バックドロップがバンド・ロゴに変わり、グレン&K.K.がステージ前方へ出てツイン・リードをブチかます、おお、このイントロは「The Ripper」!たまらんなぁ~!2ndかららは大作「Victim Of Changes」も披露!ドラマテッィックやなぁ~アンコールは、ハーレーのエンジン音、「HELL BENT FOR LEATHER」かと思いきや、なんと「Freewheel Burning」ときた!うっ、ヤラれた!この疾走大名曲が聴けるなんて!もう逮捕されても構いません!そして次、また変化球・・・なんとジョーン・バエズのカバー「Diamonds And Rust」意表突くなぁ~。みんなが暴れ疲れたあとにジーンとさせるなんて素敵です。
2回目のアンコールはどーなるんだ?とヘンな期待したらまぁ、いつも通り「You’ve Got Another Thing Coming」でした。やっぱこの曲で大合唱しな終われんわなぁ~。鉄板!鉄板!

SET LIST
Rapid Fire/Metal Gods/Breaking The Law/Grinder/United/You Don’t Have To Be Old To Be Wise/Living After Midnight/The Rage/Steeler/The Ripper/Prophecy/Hell Patrol/Victim Of Changes/~アンコール~Freewheel Burning/Diamonds And Rust/~アンコール~/You’ve Got Another Thing Coming

フジロック2009レポート PART.1

今年も行ってきました!フジロック!しかしタフでしたねぇ~。
1日目は雨のフジ・ロック。現地に8時に着くや大雨で、一日止む事無く、こんなん久しぶりやな。
その影響をモロに受けたのはオレンジ・ステージで、「GONG」観に行くと、そこは泥濘の世界で、
水溜りに泥、ステージ前方に行くにも一苦労。深夜の「オールナイト・フジ」は中止になる始末で。
2日目は逆に朝起きたらカンカン照り!あんな寒かったのにめちゃ暑い!差が激しすぎ!
疲労困憊の3日目は降りそうで降らない絶妙な曇り空の一日で、すごし易かったのが救いでした。

フジ・ロック、それは何物にも変えがたい魅力がある。山の中でのコンサート、ここでは
その大自然も特殊効果(それは雨、雷だったり、空、夜空、とんぼ、森に反射する照明だったり様々)
を生み出し、音楽と一体化する特殊な空間なのだ。私はこの非日常的な3日間がいつも待ち遠しい。
世界中の音楽だけで無く、世界中のメシや酒もまたおいしくて、エンゲル係数も大幅アップするのだが。
今年は、1日目が終日雨、2日目が朝からカンカン照り、夕方から一転、雨が降ったり止んだり、
3日目が降りそうで降らない曇り空、いつに無くタフな天候で初めて行った人は面食らった事だろう。
さてステージの話。続きはPART.2。