フジ・ロック2011 ①

今年もまた、フジ・ロックに参戦して来ました!

まずは、前夜祭からレポートします!
第1回から全日程皆勤賞なのですが、実は前夜祭に行くのは今回が2回目。
「ちょちょんがちょん」と、踊るのを楽しみにしていたのですが、当日の大雨のせいで、
ツアー・バスが大幅に遅れまして、苗場に着いたのは、午後8時半・・・
さっきまで降っていた大雨はどこへやら、苗場はもうほとんど止んでいました!奇跡!?
しかし、オアシスにたどり着くともうすでに盆踊りは終了していました・・・
気を取り直してまずは、腹ごしらえということで、ワールド・エリアで、パエリアとアボット・エール(英国ビール)で乾杯!
またここに帰ってきたんだなぁ、と実感する至福のひと時。
音楽や大らかな自然の美だけではなく、食べたり飲んだりするのもフジ・ロックの醍醐味のひとつで、
個人的には、ワールド・エリアは大のお気に入り。特に、フィッシュ&チップスと英国ビールの樽生が飲めるお店にはいつも期間中毎日通ってます・・・。もう1種の英国ビール、オールド・スペックルド・ヘンもおいしかった!

さて、ライヴ。前夜祭のアーティストは「BELAKISS」「MOP OF HEAD」「ZIG ZAG」「BRAHMAN」が出演。その合間で皿を回すのが、「DJ MAMEZUKA」。(←実は同じ高校の同級生だったりします。)
残念ながら「BELAKISS」「MOP OF HEAD」は終わっていて観れず・・・
「DJ MAMEZUKA」がTHE MUSICの名曲「THE PEOPLE」をかけると、レッド・マーキーは大変な
盛り上がりに!サビの所で音を止めてあおられ、場内♪THE PEOPLE♪の大合唱!
最終日、バンド最後のステージとなる「THE MUSIC」に向けての予習バッチシ!
マメちゃんやるなぁ~。ヤラれた!めちゃ楽しかったです!
トリを務めたブラフマン。今回はヴォーカルのTOSHI-LOW曰く「しゃべるブラフマン」との事でMCたっぷり。
フェスの裏話も面白かったですが、ほろりとさせられる話もあり、結構MCいけますね~
キレのある演奏、エモーショナルな歌もさすがはブラフマン、最高のパフォーマンスを見せてくれました!

 
(次回に続く)
※更新日:2011年8月10日