the pillows OOPARTS TOUR

nanbahach

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2010年2月6日(土) 大阪 Namba Hatch

open 18:00 / start 19:00

 

実際のスタートは19:15。終了は20:50くらい。

12月のzeppのliveとは少し違った選曲になっていました。特に昔のナンバーが。

ただ以前からのファンにとってみたら楽しめた選曲だったのかも知れません。

また山中さわおのMCもいつもより多め、饒舌でした。

公演終了後、実際彼と話す機会がありましたが、意外とシャイな印象の人でした。

今年はソロも発売されます。またTHE PREDATORSも久しぶりに再開するそうです。

ファンの皆さん、期待しましょう!

6日(土)

1.Dance With God
2.ビスケットハンマー
3.Rock’n’roll Sinners
4.YOUR ORDER
5.FOXES
6.Lemon Drops
7.メロディー
8.kim deal
9.Rodeo Star Mate
10.I think I can
11.Blues Drive Monster
12.Winning Come Back
13.like a love song
14.ジョニーストロボ
15.Beyond the moon
16.LIFE SIZE LIFE
17.Primer Beat
18.この世の果てまで
19.No Surrender

EN1
20.雨上がりに見た幻
21.LAST DINOSAUR
EN2

22.NO SUBSTANCE

7日(日)

1.Dance With God
2.ビスケットハンマー
3.WALKIN’ON THE SPIRAL
4.YOUR ORDER
5.FOXES
6.Lemon Drops
7.メロディー
8.kim deal
9.Rodeo Star Mate
10.ターミナル・ヘブンズ・ロック
11.Curly Rudy
12.Sleepy Head
13.like a love song
14.ジョニーストロボ
15.Beyond the moon
16.LIFE SIZE LIFE
17.Primer Beat
18.この世の果てまで
19.No Surrender
EN1
20.雨上がりに見た幻
21.TRIP DANCER
EN2
22.POISON ROCK’N’ROLL

「ファウンテンズ・オブ・ウェイン」ライヴ行ってきました!

(日時)2010年1月18日
(場所)心斎橋クラブクアトロ

2009年の個人的年間ベスト10入りした(他は「WEEZER」「WILDHEARTS」「JASON FOLKNER」「MEW」「MEGADETH」「TOMMY SPARKS」「GREEN DAY」「KISS」「CRIBS」。ちなみにビートルズBOXは別格!)「ティンテッド・ウィンドウズ」の2009年11月3日のライヴはスーパー・バンドらしからぬ?楽しい雰囲気で、至極のパワー・ポップ大会となりました!
アンコールのバズコックス・カヴァーにはビックリ!燃えました!
そして我らが「ファウンテンズ・オブ・ウェイン」!そう、今週はまさに「アダム祭り」! 
今回のファウンテンはアコースティック・ツアーと言う事でパワーポッパーには、物足りない?ライヴだったのかも知れませんが
個人的には、楽曲の良さというものは、シンプルな状態が一番わかるのでは?という、ホントに「ええ曲やな~あ」の連発で、またアット・ホームな雰囲気も楽しめました。
実際「HEY JULLIE」の時にはお客さん4人をステージに上げてマラカス振らせてお祭り状態!
ベースのアダム君は「エルトン・ジョン」「ビリー・ジョエル」などと紹介され、度々ピアノでもエンターテイメント振りを発揮!
ギターのジョディは「GUY FROM RUSH」(つまり、ゲディ・リー)と紹介され、ラッシュの「YYZ」のフレーズをネタで弾いてました。新曲も3曲披露!どれも「らしい」曲でニンマリ。ゆっくり作っているという新作、待ってまっせ!
アンコールでは大ヒット曲「ステイシーズ・マム」をあっと驚くアレンジで!キャロル・キングなどを思わせる都会派SSW風アレンジで、しんみり演奏。パワーポップもいいけど、改めてメロディーの良さに耳を奪われました!
ピンク・フロイドや、マイケル・ジャクソンの行き当たりバッタリ・カヴァーも笑えました。ほんとに良いバンドだなぁ~。記憶に残る良いライヴでした!(ヴァニシング・ガール)

nothing’s carved in stone ワンマンツアー

bigcat

 

 

 

 

 

nothing’s carved in stone
      01/28 (木) 大阪BIG CAT
     Rigid Clocks Tour -ワンマン-
      open 18:00, start 19:00
      adv 3,300, door —, ドリンク代別

   生形 真一 Shinichi Ubukata [Guitar]  
 大喜多 崇規 Takanori Ohkita [Drums]
 日向 秀和 Hidekazu Hinata [Bass]
 村松 拓 Taku Muramatsu [Vocal/Guitar]

演奏技術には定評のあるバンドですが、実際見てみると予想以上の出来でした。

特に日向のBASS,生方のGuitarは凄いの一言です。

音楽性もオーソドックス(王道)なROCKサウンドで聴き応えがあります。

あえて言えばもう少し音響効果が良かったら申し分なかったと思います。

01.Around The Clock
02.Words That Bind Us
03.Silent Shades
04.November 15th
05.Hand In Hand
06.Bone Age
07.Thermograffiti
08.The Swim
09.新曲
10.Moving In Slow-Motion
11.Sleepless Youth
12.New Day
13.Diachronic
14.Same Circle
15.Isolation

EN.新曲
EN.Around The Clock

FM802 STILL20 ROCK FESTIVAL RADIO CRAZY

FM802 STILL20 ROCK FESTIVAL RADIO CRAZY
インテックス大阪
2009/12/29、12/30

サカナクション / YO-KING / the pillows / フジファブリック / 帰ってきたナニワ・サリバン・ショー(奥田民生、トータス松本、浜崎貴司、Leyona、YO-KING、岸田繁)/ フラワーカンパニーズ / レミオロメン / RIZE / the HIATUS / くるり / ユニコーン / 怒髪天

髭(HiGE) / THEイナズマ戦隊 / HY / LOSALIOS / MINMI / Diggy-MO’ / 浅井健一 / Salyu / EGO-WRAPPIN’AND THE GOSSIP OF JAXX / NICO Touches the Walls / THE BACK HORN / 佐野元春&THE COYOTE BAND / Superfly / The Birthday

http://radiocrazy.fm/top.html

 

非常に寒かったですが、盛況でした。年齢層も10代から40~50代と幅広かったです。

今回はフジファブリックの不幸な出来事はありましたが、今回のliveでは大きな影響は

なかったと思います。

私が観たliveのセトリが下記の通りです。どれも適当な演奏ではなく質の高い演奏だった

と思います。最後はユニコーンでした。非常に楽しいステージで疲れているのも忘れていました、、。

 

 

サカナクション

01-Ame(B)
02-ライトダンス
03-minnanouta
04-三日月サンセット
05-アルクアラウンド
06-ネイティブダンサー
07-セントレイ
08-ナイトフィッシングイズ グッド

the pillows

01-Dance with God
02-Walkin’ on the Spiral
03-Your Order
04-メロディー
05-I Know You
06-Funny Bunny
07-雨上がりに見た幻
08-サードアイ
09-ハイブリッドレインボウ
10-Poison Rock’n’roll

レミオロメン

01-粉雪
02-StartingOver
03-雨上がり
04-明日に架かる橋
05-Sakura
06-恋の予感から
07-大晦日の歌(新曲)

HIATUS

01-Storm Racers
02-Ghost In The Rain
03-Lone Train Running
04-Centipede
05-Antibiotic
06-Silver Birch
07-The Flare
08-紺碧の夜に
09-Twisted Maple Trees
10-Insomnia

ユニコーン

01-服部
02-ペケペケ
03-オッサンマーチ
04-半世紀少年
05-すばらしい日々
06-WAO!
07-大迷惑
08-HELLO

 en.
09-雪が降る町

the pillows OOPARTS TOUR

pillows

 

 

 

 

the pillows OOPARTS TOUR
Uall tickets ¥4,200 (tax in)
 当日入場時別途ドリンク代¥500が必要です。
open 18:00 / start 19:00

2009.12.15 ZEPP OSAKA

20年のキャリアがあり新作もコンスタントに出す、まさしく「現役」のバンドです。
いまだLIVEの勢いも衰えません。
今年の大阪のliveは「髭」との対バンツアー以来ですが内容は今回の方が
良かったのかも知れません。
それほどバンドのコンディションの良さが伝わるliveでした。

個人的な印象ですが鈴木淳のBASSが好きです。固めで、出しゃばることも
ないのですが、その音はよくうたっています。
ROCK BASSのお手本のような演奏ではないでしょうか?

 
【セットリスト】
01.Dance with God
02.ビスケットハンマー
03.空中レジスター
04.YOUR ORDER
05.FOXES
06.Lemon Drops
07.メロディー
08.Kim Deal
09.Mr.Droopy
10.インスタントミュージック
11.Blues Drive Monster
12.MARCH OF THE GOD
13.like a lovesong
14.ジョニー・ストロボ
15.Beyond the moon
16.LIFE SIZE LIFE
17.Primer Beat
18.この世の果てまで
19.No Surrender
EN1
雨上がりに見た幻
LAST DINOSAUR
EN2
Poison Rock’n’roll

「GO!GO!7188『ねんまツアー09』」

クワトロ

 

 

 

 

 

 

「GO!GO!7188『ねんまツアー09』」

公演日:2009年12月10日(木),11日(金)
会場:大阪 心斎橋CLUB QUATTRO
OPEN:18:00
START:19:00
料金:前売¥4,000 当日¥4,500(税込・ドリンク代込)

2daysですが曲目はまったくかぶりなし!

非常に良く計算されたliveで観客を飽きさせません。演奏も全く手抜きがなく時間を忘れるような流れになっていました。

GO!GO!7188は今年「アンテナ」を発売してからまだレコーディングに入っていません。

今回のliveも新曲を演奏していますが非常にクオリティの高いナンバーです。

次回作が期待されます。

12/10

01 ジェットにんぢん
02 太陽
03 スカ
04 ちんとんしゃん
05 うましかもの
06 くのいち
07 大人のくすり
08 食わずギライ
09 C7
10 新曲
11 ナイフ
12 雨のち雨のち雨
13 眠りの浅瀬
14 ロック
15 赤い月に吠える夜
16 FATな彼
17 とかげ3号
18 アンテナ

アンコール  あしのけ

12/11

01 瑠璃色
02 文具
03 コミュニケーションギャップ
04 ポラロイド
05 西部
06 恋の毒薬
07 彼女と私
08 ななし
09 神様のヒマ潰し
10 近距離恋愛
11 月と甲羅
12 考え事
13 新曲
14 ばりぶり
15 サンダーガール
16 脳内トラベラー
17 浮舟
18 パンク

アンコール1 らくだの涙
アンコール2 タクシー

SPECIAL OTHERSが初めてホストとして催す対バンイベントツアー

 

BIGCAT

 

 

 

 

 

 

 

G.M.C 2009 (Global Music Center 2009) 
    
     SPECIAL OTHERSが初めてホストとして催す対バンイベントツアー
    

sunshine日時・開場・ゲスト:
2009年11月19日(木)
大阪 アメリカ村 BIGCAT / SPECIAL GUEST:サイプレス上野とロベルト吉野

横浜出身のジャムロックバンドです。メジャーデビューして3年くらいでしょうか?
非常に演奏のうまいバンドです。
またドラムスを右側に設置する(4ビートジャズでは時々ある)特徴のあるステージです。

ジャムロックと言うと昔からのロックファンですとブルース系やカントリー系を想像しがち
ですが全然違う「音」です。どちらかと言うと南米系の音とジャズを基調としたインスト
バンドと思います。ボーカルナンバーもありますが歌詞は聞き取りにくく、どちらかと
言うとヴォイスのような音処理をします。

またオーディエンスも非常にノリのいい聴き方をするのも特徴です。

曲目は下記のようだったと思います。

KHN
DOOR OF THE COSMOS
STAR
BEN
新曲
Laurentech
AIMS

Good morning

アンコールのGood morningはサンプレイス上野とロベルト吉野とのコラボ。
CDとは違い、Hip Hopとも合う素敵な楽曲に仕上がってました。

レミオロメン「ZEPP TOUR 2009“Starting Over”」

(ライブ見聞録)

レミオロメン
「ZEPP TOUR 2009“Starting Over”」
(日時)2009年11月9日(月)

2009年11月9日(月)に行われたレミオロメン「ZEPP TOUR 2009“Starting Over”」の大阪に足を運んできました!!今回のツアーは2009年7月15日発売のシングル「Starting Over」の発売を記念してのプレミアムライブ。全国6大都市(札幌・仙台・東京・名古屋・大阪・福岡)を回るZEPPツアー!オープニングアクトに今人気急上昇中の若手バンド「lego big morl」が出演し、約3時間にもおよぶヴォリューム満点のライヴ!

セットリストがこれです↓
「lego big morl」
01.dim/02.ワープ/03.溢れる/04. Ray

「レミオロメン」
01.ロックンロール(新曲) /02.花になる(新曲) /03.明け星/04.蒼の世界/05.深呼吸/06.永遠と一瞬/07.Wonderful&Beautiful/08.電話/09.夢で会えたら/10.Starting Over/11.雨上がり/12.モラトリアム /13.春景色/14.南風/15.明日に架かる橋/16.恋の予感から-ENCORE-17.日めくりカレンダー/18.アカシア/19.Sakura

まず「lego big morl」のライブですが、演奏が4曲と短いながらも安定した演奏とライヴ・パフォーマンスの格好良さで確実にレミオのファンにアピールできたと思います。今後の活躍に注目ですね!!そしてレミオロメンです!やっぱり女性ファンの方が多い多い!黄色い声援が飛びまくり!うらやましい(笑)!

最初から新曲を披露する粋な計らい。その後も畳み掛けるようにキャッチーでポップな曲の数々を連発!聴いていて清々しい気持ちになります!途中に挟んだMCもなかなか面白いじゃないすか!やるなぁ!(笑)そしてアンコールの最後で代表曲「Sakura」で締めて終わり!かなり楽しませていただきました!最後に欲を言いますと、やっぱり「粉雪」生で聴きたかったです!ちょうど時期も冬なりかけですし!(笑)

それでも大満足のライブ内容でした!!あざーす!!!

竹内電気「YOU&I」release 2man tour

クワトロ

 

 

 

 

 P1_G7109499W

 

 

 

 

 

【ライブ見聞録】

竹内電気「YOU&I」release 2man tour
(場所)2009年11月10日(火)@心斎橋CLUB QUATTRO
with. セカイイチ

お決まりの山下達郎の“Sparkle”が流れる中、メンバーが登場。メンバーの先陣をきった斉藤が舌を出しながらステップを踏み、お客さんに背中を向けて束ねていた長髪をダラリとほどく。いつもと同じスタートです。

さてこのバンド、とにかく明るい!とにかく明るいのですが演奏技術は半端ではありません。裏打ちされたテクニックがこのバンドのサウンドを支えています。

観客の90%は女性。しかも20代前半までの方が多いような気がします!じゃあ、ちょっとしたアイドルのlive?と思いきや黄色い声は全然ありません。みんな「真剣に」聴いています!このバランス感覚がなんとも言えない独特のliveの雰囲気を作っているような気がします。

難点はちょっと演奏時間が短い。アンコールを入れても1時間くらいでしょうか?もう少しあってもよかったのかもしれません。アンコールの“boys be”を聴き終えた時、ちょっと物足りなさを感じました。 ただ非常に優秀なバンドですのでどのタイミングで爆発的に売れるかわかりません。今後の活動に期待したいところです!

「セットリスト」
ミラクル/Hello Mr.Regret/candy apple red/rough sketch/let’s thinking time!!!!!/memories/sexy sexy beat/do not disturb/YOU & I
EN/cover girl/boys be

「ジェットにんぢん」演りました!

神戸ウィンターランド

 

 

 

 

 

(ライブ見聞録)

J・J 20th Anniversary TOUR
~ジッタリン・ジン×GO!GO!7188~
(日時)2009年11月4日/19:00/KOBE WINTERLAND

GO!GO!7188の演奏はいつも以上に「気合い」が入っていました。ジッタとの対バンということもあるのでしょう。ミディアムなナンバーは一切なし、全てハードなナンバーで構成されていました。(「こいのうた」はなし!)

「セットリスト」
文具/ロック/食わず嫌い/ポラロイド/スカ/ばりぶり/浮舟/赤い月に吠える夜/アンテナ/ジェットにんぢん
 
また「ジェットにんぢん」を演りたかったのでしょう。例の事件についてアッコから長~い説明が途中何回か入りました。

.................................................................

「ジェットにんぢん事件」
楽曲「ジェットにんぢん」で、歌詞の最後にジッタリン・ジンの名前を出して歌ったが、それを本人に事前に歌詞を示して許諾を拒まれた(ゴーゴーのメンバーは拒まれたのを気付かず)のにそのまま出してしまった経緯があります。アッコのバイト先の店長がジッタリンジンをジェットにんぢんと聞き間違えたことが歌詞の元ネタ。

.................................................................

結局、ジッタとの和解もできたようでしたのでラストナンバーで演奏しました。歌詞は少し変わっていましたけどスゴイ演奏でした!!!!!!!!!!!!!!!!!!ジッタの演奏は貫禄でしょうか?全体的にゆとりも感じられました。ゴーゴーの話もサラッと話してあとは20周年の話で、やはりあの事件はもうあとを引いていないような気がします。
楽曲は「にちようび」からアンコールの「夏祭り」まで主要な楽曲はそつなく演奏していました!ふたつのバンド共、2009年12月に単独ライブがあります!これも楽しみです!