フジ・ロック2011 ①

今年もまた、フジ・ロックに参戦して来ました!

まずは、前夜祭からレポートします!
第1回から全日程皆勤賞なのですが、実は前夜祭に行くのは今回が2回目。
「ちょちょんがちょん」と、踊るのを楽しみにしていたのですが、当日の大雨のせいで、
ツアー・バスが大幅に遅れまして、苗場に着いたのは、午後8時半・・・
さっきまで降っていた大雨はどこへやら、苗場はもうほとんど止んでいました!奇跡!?
しかし、オアシスにたどり着くともうすでに盆踊りは終了していました・・・
気を取り直してまずは、腹ごしらえということで、ワールド・エリアで、パエリアとアボット・エール(英国ビール)で乾杯!
またここに帰ってきたんだなぁ、と実感する至福のひと時。
音楽や大らかな自然の美だけではなく、食べたり飲んだりするのもフジ・ロックの醍醐味のひとつで、
個人的には、ワールド・エリアは大のお気に入り。特に、フィッシュ&チップスと英国ビールの樽生が飲めるお店にはいつも期間中毎日通ってます・・・。もう1種の英国ビール、オールド・スペックルド・ヘンもおいしかった!

さて、ライヴ。前夜祭のアーティストは「BELAKISS」「MOP OF HEAD」「ZIG ZAG」「BRAHMAN」が出演。その合間で皿を回すのが、「DJ MAMEZUKA」。(←実は同じ高校の同級生だったりします。)
残念ながら「BELAKISS」「MOP OF HEAD」は終わっていて観れず・・・
「DJ MAMEZUKA」がTHE MUSICの名曲「THE PEOPLE」をかけると、レッド・マーキーは大変な
盛り上がりに!サビの所で音を止めてあおられ、場内♪THE PEOPLE♪の大合唱!
最終日、バンド最後のステージとなる「THE MUSIC」に向けての予習バッチシ!
マメちゃんやるなぁ~。ヤラれた!めちゃ楽しかったです!
トリを務めたブラフマン。今回はヴォーカルのTOSHI-LOW曰く「しゃべるブラフマン」との事でMCたっぷり。
フェスの裏話も面白かったですが、ほろりとさせられる話もあり、結構MCいけますね~
キレのある演奏、エモーショナルな歌もさすがはブラフマン、最高のパフォーマンスを見せてくれました!

 
(次回に続く)
※更新日:2011年8月10日

「寺久保エレナ」インストアイベント実施!

本日(8/8)14時から寺久保エレナ(as)さんのインストア・ライヴ&サイン会を実施しました。
お暑い中ご来店頂いたお客様、ありがとうございました!

【SET LIST】
1.Take the “A” TRAIN
2.North Bird
3.Stablemates
4.Tim Tam Time

重厚なサウンドで楽しませていただきました。これからの活躍が楽しみです!!

□好評発売中□

ノース・バード
寺久保エレナ

KICJ-585  3,150円
 
話題の本格派現役女子高生サックス・プレイヤー寺久保エレナ、鮮烈デビュー!野太い音色とまばゆいばかりのスピード感を伴ったサックスはまさに「本格派」の貫禄。スタンダード中心に彼女のペンによるオリジナルも収録。

 1 . イエス・オア・ノー
 2 . ブラック・ナルシサス
 3 . ステイブルメイツ
 4 . マイ・フーリッシュ・ハート
 5 . ノース・バード
 6 . イッツ・ユー・オア・ノー・ワン
 7 . いつか王子様が
 8 . ティム・タム・タイム
 9 . ライク・ザ・サンライト
10 . A列車で行こう

BRIGHTワンマンライブ『BRIGHT 4th LIVE ~Real~』

大阪公演
日時:3月27日(土)Open 17:00 / Start 18:00
会場:大阪 なんばhatch

男性層が多いと思いきや女性のファンが非常に多いliveでした。また年齢層も広く、下は小学生から上は60歳代の方もちらほら見えました。歌に実力があるからだと思います。同姓に人気のあるアーティストは必ず伸びます。今後の期待していいのでは?

個人的にはバンドが加わったアコースティックナンバー2曲の出来が良かったと思います。

Interlude
Dance With Us
I Like That
キライ・・・でも好き~アイシテル~
Feelin’You
Still…
美女と野獣(アカペラ)
I Know
言葉にできなくて
I’ll Be There
ソライロ
Natural Woman
BAND転換
Secret
Shining Butterfly
My Girl
Watch Out
Dream Girls
いつまでも・・・
EN)
Brightest Star
Promise You~卒業~

悪魔のハイウェイ61リヴィジテッド!

 

まだまだ現役のロック・レジェンド2組が大阪にやって来ました!

私は3/15「ボブ・ディラン」、3/16「AC/DC」の連チャン・コースで参戦しました!
(ちなみに2日でチケ代¥2,400ナリ。ワオッ!)

◆まず、「ボブ・ディラン」。

会場のZEPP大阪は人がギッシリの超満員!
11日に大阪公演が始まってから連日選曲が違うというファンにはたまらないサービスぶり。

ディラン御大は右側キーボードが定位置で、たまに中央に行って歌ったり、
ハープを「ぷひ~」と鳴らしたり。ギターは2曲だけでした。

多くを語らず、オーディエンスにコビを売らず、淡々と演奏していくも、
そこにある圧倒的な存在感と“オレについて来い!”というアティチュード…。
これがカリスマなんだなぁ~と妙に納得しながら見入ってしまいました。

曲はディランの歌メロが独創的すぎて、途中まで「何これ?」みたいなことも。

バックの演奏陣がまたイイ感じでした。
チャリ坊(チャーリー・セクストン)もカッコ良い大人になりましたね!

2時間がアッと言う間の至福のひととき。まだまだ聴いていたかったです!

◆翌日は「AC/DC」。

ディランが「静」なら、こっちは「動」。

ライヴ前から頭にツノを付けたファン(もちろん私も)がいっぱいで、
「なりきりアンガス」も多数いて“お祭り”状態!

客電が落ちると、モニター画面にアニメ映画が流れ出した。

列車(悪魔のトレイン)内で、石炭をくべるアンガス・ヤング!
そこに、ロッケンロールなお姉さまが2人寄って行きアンガスをブッ飛ばし
ブレーキ・レバーを引くと折れて、列車はまだ止まらない、どーなる?

その時モニター画面が開き、パイロ爆発と共に出てきましたよ!巨大な列車が!煙をあげて。
おおっ!何というド派手な演出!

「ロックンロール・トレイン」の演奏がスタートし、場内は一気にヒートアップ!
「ブライアン・ジョンソン」と「アンガス・ヤング」はステージ狭しと動き回る。
それに対してリズム隊3人はコーラス時だけ前へ、それ以外はずっと後ろで鉄壁の演奏で、
暴れん坊2人を支えるという図式は昔と同じ。

それにしてもアンガスは若いなぁ~。あのアクションは結構体力要りますよ!
もちろんロック・ギタリストかくあるべし!というプレイのカッコ良さもお見事でした!

大きな鐘も出てきたし、巨大な列車にまたがる巨大なロージー姉さんも出てきたし、
アンガスのストリップもあったしで最高のエンターテイメントが集約されたライヴでした。

最後は大砲がドカーン!ドカーン!
超~盛り上がる反面、これで最後なのか?(だって次の来日はいつになるんだか)と少し切なくなったり。

ちなみに、ディランは「追憶のハイウェイ61」を、AC/DCは「地獄のハイウェイ」を演奏!
ロック・レジェンドは「ハイウェイ」が好きなんですねぇ~。

2日とも、本当に最高のライヴでありました!

2組ともまた見たいなぁ~...。

THE BACK HORN KYO-MEI大会

THE BACK HORN  KYO-MEI大会

2010年3月14日(日)
Zepp Osaka
17:00 / 18:00
THE BACK HORN

意外な組み合わせのように見えますがキャリアが同じくらいだそうでバンド間の仲もいいそうです。ライブの印象はそつなくまとめた感じがします。オーディエンスも比較的(?)大人しかった印象でした。ただ3つのバンド共演奏スキルは非常に高く、満足度は高かったです。あえて言うなら演奏時間がどのバンドも1時間を切ったのはちょっと残念でした。(もうちょっと聞きたかった)

THE BACK HORN 

01.いくせん
02.複雑骨折
03.生命線
04.罠
05.美しい名前
06.戦う君よ(新曲)
07.コバルトブルー
08.刃
09.無限

ストレイテナー

01.Discography
02.PLAY THE STAR GUITAR
03.Sunny Suicide
04.Man-like Creatures
05.CLONE
06.Toneless Twilight
07.Little Miss Weekend
08.TRAIN

アシッドマン

SE:A beautiful greed

01.±0
02.world symphony
03.バックグラウンド
04.REAL DISTANCE
05.リピート
06.Under the rain
07.CARVE WITH THE SENCE
08.ある証明

BoA LIVE TOUR 2010 ~ID ENTITY~

 

 

oosakakouksai

 

日程:2010年3月9日(火)
会場:大阪国際会議場メインホール

BoAを知ったのは10年前のエイベックスのコンベンションでした。その時は来場せず、ビデオクリップだけでしたが非常に印象が残ったのを覚えています。(来場したのは同時期デビューのエグザイル!)

それから10年になります。彼女も23歳になっていました。liveは初めてでしたが完成度の高いliveです。約2時間半。25曲ほど歌いましたがだれることはありません。ちょっと気になったのは「音」がちょっと悪かったこと。この手のホールにしてはですが、、。若干割れていたような気がします。

公演終了後、楽屋前で話す機会がありました。このツアーのあとはディズニーのイメージ曲のレコーディングだそうです。今後の活動にも期待が持てます。

セットリストですが大体こんな感じだったと思います。

01. This Is Who I Am
02. EASY
03. Energetic
04. make a secret
05. IZM
06. LAZER
07. interlude#1
08. is this love
09. DO THE MOTION
10. まもりたい~White Wishes~
11. interlude#2
12. ネコラブ
13. smile again
14. Every Heart -ミンナノキモチ-
15. JEWEL SONG
16. THE END そして and…
17. Possibility duet with 三浦大知
18. 永遠
19. Fallin’
20. Joyful Smile
21. LOSE YOUR MIND
22. BUMP BUMP!
Encore.
23. Eat You Up
24. Before you said goodbye to me
25. my all

10-FEET “Life is sweet” TOUR 2009-2010 FINAL SERIES

ZEP

 

 

3.5(金) Zepp Osaka
OPEN 18:00 / START 19:00
TICKET 前売り¥3,300 / 当日券¥3,800(1Fスタンディング / 2F指定、ともに税込、ドリンク代別)

  久しぶりのワンマンだからでしょうか?メンバーもオーディエンスも異常な盛り上がりです。1F全体がモッシュ状態!1Fの後ろもダイブ状態!最近ではなかなか見られない光景でした。また熱気が水蒸気になり2Fは霧になっていました。

スタジオ録音のCDを聞くと結構いろんな曲調をやるバンドですが、liveは違います。無茶苦茶熱いです!約30曲!2時間半のliveでしたがその長さを感じない内容でした。

 
01.super stomper
02.STONE COLD BREAK
03.チャイニーズヒーロー
04.VIBES BY VIBES
05.What’s up?
06.Freedom
07.JUST A FALSE! JUST A HOLE!
08.SHOES
09.U
10.nil?
11.Mr.Bullshit
12.LICENSE
13.recollection
14.under the umber shine
15.quiet
16.FELLOWS1.5
17.BE NOTHING
18.1sec.
19.LOODY
20.AND HUG
21.RIVER(淀川)
22.back to the sunset
23.ライオン
24.風
25.2%
26.goes on

以下アンコール
27.TRUE LOVE(コウイチ)
28.PLANLESS
29.HEY!
30.CHERRY BLOSSOM
31.4REST

鉄でアイスダンス!?

 

連日盛り上がっているバンクーバーですが、

先日休みの日にボ~っとアイスダンス見ていると

なんか聞き覚えのある・・・・・アレっ、メタリカ!?

「ナッシング・エルス・マターズ」やないの!

知らなかったんですが、アイスダンスは歌声入りのミュージックOK

だそうで、会場に響き渡るジェームズ・ヘッドフィールドの熱唱!

これだけでもビックリなんですが、演技終了後、自分達の採点を

待っている時に飛び出した「メロイック・サイン」!

ピース・サインやったらわかるんですが、まさかねぇ~

エストニアもメタルが熱いんかいな? と、ふと思いました。

Shinsaibashi CLUB QUATTRO Special Live Toward 20th

クワトロ

 

2010年2月25日

心斎橋CLUB QUATTRO

時間18:00会場19:00開演

料金3000円

GO!GO!7188 / THE NEATBEATS / “弾き語り”YO-KING

順番はGO!GO!、YO-KING、NEATBEATSの順でした。

GO!GO!は新曲3曲を含む構成です。4月からレコーディングが開始されますのでファンとしては期待が持てます。

YO-KINGは真心の「どか~ん」なども演奏しました。ほのぼのした感じのliveです。

全体的に雰囲気のいいliveでした。

以下、ゴーゴーのセットリスト。

1.浮舟
2.ちんとんしゃん

3.新曲
4.新曲「まやかしの世界」

5.どたきゃん

6.新曲「ええじゃないか」

7.文具
8.アンテナ

 

「セッション」
ニートビーツ、YO-KING、GO!GO!の計8名での演奏。

1.Twist&Shout

2.バンバンバン

rega presents SECRET 02

syangurira

 

■2月12日(金)梅田Shangri-La■19:00
rega presents SECRET 02
w/the band apart/モーモールルギャバン

 

最近人気が増してきたregaと人気バンドthe band apart、モーモールルギャバンの対バンliveです。

バンアパの今回の選曲も普段とちょっと違った内容でしたが、これはこれで良かったのでは?

4月からは単独ライブツアーも予定されています。またツアーに先立って3月17日にはミニアルバムも発売され

ますので、是非当店でお買い求め下さい!

regaはジャムロックバンドですが、やはりジャムロックらしく非常に演奏がうまいバンドです。

またスタジオ盤とは違いliveではかなりハードな音を出します。会場は超満員!また大手レコード

メーカーのスタッフも見入っていましたのでメジャーデビューも、もしかしたら近いのかも知れません。

 

 

the band apart

01.coral reef
02.from resonance
03.I love you Wasterd Junks & Greens
04.flower tone
05.shine on me
06.the noise
07.FUEL
08.beautiful vanity

 

mini album “the Surface ep”
2010.3.17 on sale

including 5songs / asg-017 / 1,890(tax-in)

 

SMOOTH LIKE BUTTER TOUR Spring 2010
*全公演単独公演となります

4/17(土) 広島 CAVE BE
info.夢番地広島 082-249-3571

4/18 (日)福岡 BEAT STATION
info.BEA 092-712-4221

4/20(火) 高松 DIME
info.DUKE高松オフィス 087-822-2520

4/21(水) 松山 SALONKITTY
info.DUKE松山オフィス 089-947-3535

4/23(金) 岡山 PEPPER LAND
info.夢番地岡山 086-231-3531

4/25(日) 大阪 なんばHatch
info.GREENS 06-6882-1224

4/29(木・祝) 札幌 PENNY LANE 24
info.WESS 011-614-9999

5/7(金) 名古屋 DIAMOND HALL
info.JAIL HOUSE 052-936-6041

5/27(木) 新木場 STUDIO COAST
info.STUDIO COAST 03-5534-2525

 

rega
01.VIP
02.D.D.D
03.Smile
04.pingpong
05.新曲
06.Dress
07.endoor
08.Orange

EN
01.新曲